安打数に占める単打の割合が最も多いのは… セ・パ両リーグの「単打王」は誰だ

安打数に占める単打の割合が最も多いのは… セ・パ両リーグの「単打王」は誰だ
日本ハム・中島卓也(左)とヤクルト・坂口智隆【写真:荒川祐史】
単打は基本中の基本のリザルト? パ・リーグの単打王は…

 単打、シングルヒットは安打の中では最も多い。ごくありふれた結果ではあるが、「単打」は打者にとって基本中の基本というべきリザルトだと言えよう。

 両リーグの単打が多い打者について調べてみた。単純な単打数ではなく、安打数に占める単打の割合だ。

 2018年、80安打以上を記録した打者の、安打数に占める単打の割合。

○パ・リーグ、上位10傑

1中島卓也(日).853(単打87/安打102 打率.261)
2安達了一(オ).824(単打84/安打102 打率.219)
3銀次(楽).809(単打110/安打136 打率.276)
4藤岡裕大(ロ).797(単打98/安打123 打率.230)
5荻野貴司(ロ).780(単打71/安打91 打率.287)
6大城滉二(オ).770(単打67/安打87 打率.231)
7茂木栄五郎(楽).764(単打68/安打89 打率.247)
8源田壮亮(西).758(単打125/安打165 打率.278)
8田村龍弘(ロ).758(単打75/安打99 打率.239)
10今江年晶(楽).750(単打87/安打116 打率.276)

 1位は日本ハムの中島。ファウル打ちの名人として知られ、下位打線でしぶとく粘る打者だ。2位がオリックスの安達、3位が楽天の銀次。銀次は3割を打ったこともある好打者だが、本塁打が少なく、単打が多い。しかし中軸を打つことも多く、毎年50打点前後を挙げている。単打が多くても中軸打者は務まるということだ。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年1月13日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。