平成の名内野手、立浪和義が歩んだ野球人生 史上最多487二塁打で野球殿堂へ

平成の名内野手、立浪和義が歩んだ野球人生 史上最多487二塁打で野球殿堂へ
野球殿堂に選出された立浪和義氏【写真:Getty Images】
PL学園3年時には主将として春夏連覇にチームを牽引

 2019年の野球殿堂プレーヤー表彰で選出された立浪和義氏は、1969年大阪府吹田市に生まれ、小学校時代にボーイズリーグに入団して野球をはじめ、のちにPL学園高硬式野球部に入部した。

 立浪が入学した1985年、PL学園は3年生になった桑田真澄清原和博を擁して夏の甲子園で優勝。1年生の立浪は、スタンドから声援を送っていた。

 翌1986年、2年生になるとレギュラーに抜擢されたが、春のセンバツでは1回戦で浜松商に1-8で敗れた。夏は、大阪府大会準決勝で泉州高校に0-1で敗れ、6期連続で出場していた甲子園出場記録が途絶えてしまう。

 しかし、立浪の世代も片岡篤史、野村弘樹、橋本清と逸材揃いで、3年生となった1987年にはKKコンビも達成していない春夏連覇を達成。立浪は主将としてチームを引っ張った。

 この年のドラフト会議では、南海と中日が立浪を1位で指名。当たりくじを引き当てた中日への入団が決まる。

 173センチ、70キロと小柄だったため、プロに適応するには時間がかかると思われたが、春季キャンプから野球センスが高く評価される。星野仙一監督は正遊撃手だった宇野勝を二塁にコンバートして立浪を遊撃に抜擢。開幕戦から「2番・遊撃」でスタメン出場すると、第3打席に大洋の欠端光則からプロ初安打となる二塁打を記録した。これが「二塁打王」立浪和義の最初の二塁打となった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年1月17日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「佐々木主浩」のニュース

次に読みたい関連記事「佐々木主浩」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「野村克也」のニュース

次に読みたい関連記事「野村克也」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「山崎武司」のニュース

次に読みたい関連記事「山崎武司」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。