12球団のエース番号「18」事情は? ドラ1、実力者、コーチが付ける球団も…

12球団のエース番号「18」事情は? ドラ1、実力者、コーチが付ける球団も…
巨人・菅野智之【写真:Getty Images】
巨人菅野、中日松坂は今季「18」に変更、DeNA三浦はコーチで復帰

 ロッテは17日、今季から涌井秀章投手が背番号「16」から「18」に変更すると発表した。「18」と言えば、日本では大きな期待が込められたエースナンバーと称される番号だ。それでは今季、各球団の「18」は誰が背負っているのだろうか。昨季の成績を振り返りつつ見ていこう。

セ・リーグ

広島 空き番
ヤクルト 寺島成輝 1試合0勝1敗、防御率27.00
巨人 菅野智之 28試合 15勝8敗、防御率2.14
DeNA 三浦大輔(1軍投手コーチ)
中日 松坂大輔 11試合6勝4敗、防御率3.74
阪神 馬場皐輔 2試合0勝1敗、防御率5.19

 リーグ3連覇を果たした広島は、2008年から15年まで前田健太が背負ってきたが、メジャー移籍した2016年から現在まで空き番となっている。巨人は昨季限りで引退した杉内から、今季は2年連続で沢村賞に輝いたエース菅野が継承。中日の松坂も今季から慣れ親しんだ「18」を背負う。

 期待を込めて背番号を受け取ったのはヤクルト寺島、阪神馬場の2投手。共にドラフト1位で入団しており、将来のエース候補として育てたい球団の意向が伺える。DeNAは、今季から“番長”三浦が1軍投手コーチとして復帰し、現役時代と同じ背番号を背負う。

日本ハムはドラフト1位の吉田輝に「18」、楽天は田中将大以来、空き番に

パ・リーグ

西武 多和田真三郎 26試合16勝5敗、防御率3.81
ソフトバンク 武田翔太 27試合4勝9敗1S、防御率4.48
日本ハム 吉田輝星(2018年ドラフト1位)
オリックス 岸田護 17試合0勝0敗、防御率2.35
ロッテ 涌井秀章 22試合7勝9敗、防御率3.70
楽天 空き番


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年1月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「佐々木千隼」のニュース

次に読みたい関連記事「佐々木千隼」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柳裕也」のニュース

次に読みたい関連記事「柳裕也」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「岡本和真」のニュース

次に読みたい関連記事「岡本和真」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。