潮崎コーチも「風格感じた」菊池雄星、変貌遂げる左腕は今年何が違う?

潮崎コーチも「風格感じた」菊池雄星、変貌遂げる左腕は今年何が違う?
西武・菊池雄星【写真:編集部】
自身初の開幕戦で6回2失点の好投、「今までの雄星だったら…」

「気持ちよかったぁ~」

 初の開幕投手という大役を終えた翌日、西武の菊池雄星は記憶の中で再び自らを前夜の夢の舞台に立たせ、恍惚の表情を浮かべた。

 終わってみれば6回110球7安打6奪三振2失点(自責1)。4回、味方のエラーも絡み、ノーアウト満塁から5番ボグゼビックに2点適時打を許したが、その後、中島宏之、T-岡田、伊藤光と3人で後続を断てたことがすべてだった。

 相手投手が球界屈指の右腕・金子千尋だっただけに、「3点目を取られたら試合が終わると思ったので、2失点したところで、『キレイに抑えよう』という思いを捨てました」。より一層腕を振り、切れ、球速とも、もう一段階ギアを上げると、マウンドを降りる6回まで、再び「0」を並べていった。

 潮崎哲也ヘッドコーチも、「あそこで、追加点を許さなかったところが非常に評価できる。今までの雄星だったら、2点を獲られてガックリきて、グダグダになってしまっていたが、変わった。立ち直って、あのままいってくれたことが、最終的に勝利につながった」と、称える。

着々と積み上げてきた自信、「『幸せだなぁ』と思いながら投げていました」

 開幕投手を通達されてから約1か月半、“この日”を目指して調整を続けてきた。14年秋キャンプから土肥義弘投手コーチと取り組んできた投球フォームがようやく本格的に固まりつつある。これまでは、一度良くても、それを継続できないことが結果につながらない最大の原因とされてきた。だが、オープン戦でフォームのバランスを崩すことなく、常に安定した投球をみせた。そこで、はっきりとした手応えと自信をつけたことが、大きかったに違いない。


Full-countの記事をもっと見る 2016年3月28日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「菊池雄星 + メジャー」のおすすめ記事

「菊池雄星 + メジャー」のおすすめ記事をもっと見る

「菊池雄星 + 年俸」のおすすめ記事

「菊池雄星 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「今永昇太」のニュース

次に読みたい関連記事「今永昇太」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。