夏の甲子園で準優勝した「松坂世代」が抱く思い 「同じ思いをしてほしくない」

「甲子園の準優勝より、プロに入ったときのほうが現実的で嬉しかったですね。たまたま大輔と同じチームに入って、キャンプでボールを捕った時『こんなことあるんだな』と感動しました。それと同時に、そこで満足してしまった自分がいました。キャッチャーはやることが多い。体力も必要なのに、守る練習しかしませんでした。『活躍してやるんだ』という強い気持ちがなかった。1日1日を無事に過ごそうとしか考えていませんでした。もっと練習しておけばよかったと、本当に後悔しています」

一生懸命に取り組まない子供にも厳しく指導「自分がそうだったのですぐにわかります」

 1軍での出場は2010年の6試合に留まり、この年のオフに戦力外通告を受けた。引退後はブルペン捕手としてチームに残ったが、プロに入ったことで満足している選手と、そうでない選手はすぐにわかった。それは今、子供たちを見ていてもわかるという。吉見さんは、自分と同じ思いをしてほしくないという気持ちから、一生懸命に取り組まない子供には厳しく注意をしている。

「プロに入ったことで満足している選手は、自分がそうだったのですぐにわかります。目つきも違うし、言動も違う。やることも違います。それは子供も同じです。一生懸命やらないんだったら、一生懸命やっている子がかわいそうだから外れてもらっています。何事も一生懸命にやる。それが一番大事だと思っています」

 小学校1年生から、中学校3年生までの指導にあたっているが、子供たちとどのように接し、どんな表現で伝えればいいのかを勉強する日々だ。そして、技術の上達だけではなく、上手くいかない選手に手を差し伸べてあげることができる選手になってもらいたいと願っている。それは、共に戦う仲間がいることの素晴らしさを知ってほしいからだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 松坂大輔 ソフトバンク
  2. 松坂大輔 松坂世代
  3. 松坂大輔 登板
Full-countの記事をもっと見る 2019年1月25日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「松坂大輔 + 登板」のおすすめ記事

「松坂大輔 + 登板」のおすすめ記事をもっと見る

「松坂大輔 + ソフトバンク」のおすすめ記事

「松坂大輔 + ソフトバンク」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「和田毅」のニュース

次に読みたい関連記事「和田毅」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。