ユマではヒルトン加入→初優勝、現在は1軍浦添で…ヤクルトの春季キャンプ

ユマではヒルトン加入→初優勝、現在は1軍浦添で…ヤクルトの春季キャンプ
ヤクルト・小川淳司監督【写真:荒川祐史】
1978年からユマでキャンプ、2軍は1991年から西都で

 東京ヤクルトスワローズは、1950年、2リーグ分立時に国鉄スワローズとして創立され、セ・リーグに加盟した。

 国鉄は永らく弱小球団と言われたが、設立当初は屈指の社会人チームだった全国の国鉄鉄道管理局の選り抜きの選手が入団し、大いに期待された。また、移動の際には全国の国鉄が無料で利用できたので、そのメリットも大きいと言われた。

 設立の1950年、国鉄ナインは福岡県門司市営球場に集結し、春季キャンプを張った。翌1951年は、大阪市の日本生命野球場だったが、このキャンプでは前年8月にデビューした金田正一の姿もあった。金田は高校を中退してプロ入りしたのでまだ17歳だった。

 以後、国鉄スワローズは、名古屋市八事球場、鹿児島市鴨池球場、長崎県島原市営球場、徳島市営球場など、キャンプ地を転々とした。東京駅へ終結したスワローズナインは、夜行列車の後部に連結された球団専用の客車に乗り込んで移動した。運賃は無料。選手たちは専用客車で飲食をするなど、自由にふるまいながら移動することができた。当時を知る選手の中には「専用客車での移動は楽しかった」という人もいた。

 1965年、金田正一の巨人移籍とともに、国鉄は球団を手放し、サンケイ新聞が親会社となる。この時期のキャンプ地は鹿児島県湯之元球場、1969年からはヤクルトが経営に参画する。

 1978年からヤクルトはアリゾナ州ユマでキャンプを張る。海外キャンプは珍しい時代だったが、渡航に費用はかかるものの、滞在中の費用は国内よりも安かった。当時は、サンディエゴ・パドレスがキャンプを張っており、合同練習することもできた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年1月31日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。