【女子プロ野球】リーグの成長に繋がった川端友紀 通算71勝右腕・創設メンバーが明かす思い

【女子プロ野球】リーグの成長に繋がった川端友紀 通算71勝右腕・創設メンバーが明かす思い
京都フローラ・小西美加【写真提供:日本女子プロ野球リーグ】
通算71勝を誇る京都フローラの小西美加投手が川端への思いを明かす

 昨年限りで現役を引退した元埼玉アストライアの川端友紀内野手。人気、実力ともに女子野球界トップクラスのスター選手は、女子プロ野球創設から9シーズンに渡ってリーグを牽引してきた。同じ期間、女子プロ野球を支えてきた“盟友”が川端との思い出を語った。

 京都フローラの小西美加投手。プロ9年間で通算71勝を挙げ今季は節目の10シーズン目を迎える。投の中心が小西なら打の中心は間違いなく川端だった。リーグ創設時メンバーがこれまでの思いを明かす。

「(女子リーグ創設初年度の)シーズンの開幕前のことなんですが、淡路島で約2週間おこなった合同キャンプの最後に、京都対兵庫のオープン戦をしたんです。私が打席に入り、その時のピッチャーが川端選手でした。コントロールもよくて、指にかかった球はホップする感じだったので『ヘッドを立てて打とう!』と意識して思いっきり外の真っ直ぐを振りぬきました。

 すると、ミートした打球はピッチャーライナー!! なんと、川端選手の右肩のに直撃してしまったのです。その瞬間、『ヤバイ!』と思った私は走ることを迷いながら一塁へ、川端選手はマウンドに崩れ落ちてしまいました。硬式野球の洗礼なのか、上がらない右腕を抱えた川端選手は、その日から、マウンドに上がることはなくなりました。すみません。肩の関節や顔に当たらなくて本当によかった。と今でもヒヤヒヤしたのを思い出します」


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年1月31日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。