鷹松田ら4人が1500試合に挑戦… 今季達成が予想される記録【出場試合数編】

鷹松田ら4人が1500試合に挑戦… 今季達成が予想される記録【出場試合数編】
ソフトバンク・松田宣浩【写真:藤浦一都】
歴代最多出場は谷繁元信の3021試合、次いで野村克也の3017試合

 あと2か月弱で平成最後、そして次の元号最初のプロ野球シーズンが始まる。今季、達成が予想される記録についてみていこう。MLBでは今季達成が予想される記録を「マイルストーン(里程標)」と呼んでいる。2019年のマイルストーン、1回目は「試合数」。

 プロ野球選手は「試合に出てなんぼ」である。そういう意味では出場試合数は、野球記録の基本中の記録ということになる。

○出場試合数10傑()は実働期間

1 谷繁元信 3021試合(1989-2015)
2 野村克也 3017試合(1954-1980)
3 王貞治 2831試合(1959-1980)
4 張本勲 2752試合(1959-1981)
5 衣笠祥雄 2677試合(1965-1987)
6 大島康徳 2638試合(1971-1994)
7 立浪和義 2586試合(1988-2009)
8 金本知憲 2578試合(1992-2012)
9 門田博光 2571試合(1970-1992)
10 土井正博 2449試合(1962-1981)

 3000試合以上は2人。ともに捕手というのが、MLBとは大きく異なっている。MLBの最多出場試合は、内野、外野手のピート・ローズの3562試合。最多安打記録(4256安打)の保持者であるのはよく知られている。イチローは日米通算では3602試合と試合数でもローズを抜いている。NPBの2500試合以上は9人だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 野村克也 監督
Full-countの記事をもっと見る 2019年2月2日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「野村克也 + 監督」のおすすめ記事

「野村克也 + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「原辰徳」のニュース

次に読みたい関連記事「原辰徳」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「落合博満」のニュース

次に読みたい関連記事「落合博満」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら