鷹上林、昨季は史上4位タイの14本記録 今季達成が予想される記録【三塁打編】

鷹上林、昨季は史上4位タイの14本記録 今季達成が予想される記録【三塁打編】
ソフトバンク・上林誠知【写真:藤浦一都】
通算三塁打は福本豊の115本がトップ、100三塁打は歴代3人だけ

 三塁打は野球選手の「足」の能力をはかる重要な指標だ。俊足の打者でない限り、三塁打は増えない。また若い選手の方が三塁打は多くなる傾向にある。

〇通算三塁打数10傑()は実働期間

1 福本豊 115本(1969-1988)
2 毒島章一 106本(1954-1971)
3 金田正泰 103本(1942-1957)
4 川上哲治 99本(1938-1958)
5 広瀬叔功 88本(1956-1977)
6 呉昌征 81本(1937-1957)
6 中利夫 81本(1955-1972)
8 長嶋茂雄 74本(1958-1974)
9 張本勲 72本(1959-1981)
10 吉田義男 70本(1953-1969)

 三塁打の表彰項目は100本から。NPBの長い歴史で100三塁打は3人しかいない。現在3位の金田正泰は阪神ダイナマイト打線のトップバッターとして活躍した。1951年にはNPBのシーズン記録である18三塁打をマーク。三塁打王に4回なっている。

 1970年、金田の記録を抜いたのが東映の毒島章一。張本勲、大杉勝男らが中軸に座る強打の東映打線のトップバッターだった。三塁打王は4回。この毒島を1985年に抜いたのが、NPB史上最多の1065盗塁を記録した福本豊。三塁打王は実に8回。100三塁打以上の3人は、俊足のトップバッターというだけでなく左打ちの外野手という共通点があった。4位には打撃の神様、川上哲治がランクインしている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 長嶋茂雄 入院
  2. 長嶋茂雄 現役時代
Full-countの記事をもっと見る 2019年2月7日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「長嶋茂雄 + 現役時代」のおすすめ記事

「長嶋茂雄 + 現役時代」のおすすめ記事をもっと見る

「長嶋茂雄 + 入院」のおすすめ記事

「長嶋茂雄 + 入院」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「野茂英雄」のニュース

次に読みたい関連記事「野茂英雄」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。