中日・松坂のファンとの接触で負傷を米国でも報道「異様な怪我を負った」

記事まとめ

  • AP通信が「春季キャンプ中にマツザカが異様な怪我を負った」というタイトルの記事を公開した。
  • メジャー時代には怪我に泣かされることも多かった松坂だが、ファンとの接触で離脱するという経験はなかった。
  • AP通信は松坂が2015年に手術を受けたこと、高校時代には甲子園で多くの球数を投げたことにも言及している。

中日松坂の負傷、米国でも報道 ファンとの接触で離脱に「異様な怪我」

中日松坂の負傷、米国でも報道 ファンとの接触で離脱に「異様な怪我」
中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
元メジャー右腕のまさかの形での負傷に「今回の様なケースはない」

 中日の松坂大輔投手がファンと接触した際に右腕を引かれ、その後、右肩に違和感を訴えた。中日は12日、松坂が沖縄県内の病院で検査を受けた結果、右肩に炎症が見つかったと発表。炎症が治まるまでしばらくの間、ノースロー調整を続ける予定となったが、このニュースは米国でも報じられており、「異様な怪我」と伝えられている。

 レッドソックスをはじめ、米国でも8シーズンに渡ってプレーした松坂の“まさか”の形での負傷。AP通信は「春季キャンプ中にマツザカが異様な怪我を負った」とのタイトルで報じた。

 記事では「メジャーリーグと日本でのキャリアを送る中で、ダイスケ・マツザカは数多くの腕の怪我と付き合ってきた。しかし、今回の様なケースはない」と指摘。メジャー時代には怪我に泣かされることも多かった松坂だが、ファンとの接触で離脱するという経験はもちろんなかった。

「沖縄で行われている春季キャンプのファンイベント中に、過度に熱心なファンがマツザカの右腕を引っ張り、彼は右肩に痛み(実際には違和感)を覚えていると、中日ドラゴンズは発表した。マツザカはその出来事により、右肩の炎症との診断を受けた。そして、彼は当面は投球しないようにと、中日ドラゴンズから言い渡された」

 AP通信はこのように経緯を伝えた上で、松坂がソフトバンク復帰1年目(2015年)に手術を受けたこと、高校時代には甲子園で多くの球数を投げたことにも言及している。

 信じられない形での負傷離脱。その波紋は米国にも広がっている。(Full-Count編集部=AP)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 松坂大輔 ソフトバンク
  2. 松坂大輔 松坂世代
  3. 松坂大輔 登板
Full-countの記事をもっと見る 2019年2月13日の野球記事
「中日松坂の負傷、米国でも報道 ファンとの接触で離脱に「異様な怪我」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    全球団、鉄条網や有刺鉄線使ってでもいいから一切ファンを近づけさせるな。サインも腕の負担でしかないし、転売のおそれしかないから廃止。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「松坂大輔 + 登板」のおすすめ記事

「松坂大輔 + 登板」のおすすめ記事をもっと見る

「松坂大輔 + 松坂世代」のおすすめ記事

「松坂大輔 + 松坂世代」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「内野手」のニュース

次に読みたい関連記事「内野手」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。