【MLB】近年不振の“キング”ヘルナンデス、契約最終年へ自信「殿堂入りの後押しに」

【MLB】近年不振の“キング”ヘルナンデス、契約最終年へ自信「殿堂入りの後押しに」
マリナーズのフェリックス・ヘルナンデス【写真:Getty Images】
昨季はキャリア最低の成績に、チームは主力を放出で「クレイジーなオフシーズン」

 マリナーズの“キング”ことフェリックス・ヘルナンデス投手がマリナーズとの契約最終年を迎える。AP通信は「“キング”フェリックスがシアトルとの重要な契約最終年に突入」との見出しで特集を掲載。ヘルナンデスは記事の中で「今年が僕の(マリナーズでの)最後の年だ」とし、「たくさん活躍できると思っている。それは僕の殿堂入りへの後押しになるだろう」とも言及。1月に殿堂入りをしたエドガー・マルティネス氏に続くことを目指す。

 ヘルナンデスは通算168勝(128敗)、防御率は3.34の成績を誇るメジャーを代表する右腕。今季は7年契約の最終年で年俸は2700万ドル(約29億8700万円)となっている。

 ただ、近年は成績が低迷しており、昨季は29試合に登板し8勝14敗、防御率はキャリア最低の5.55。メジャーデビュー後初めてとなるリリーフ登板も経験した。記事では、昨シーズンの速球の平均球速がキャリア最低の90.4マイル(約145キロ)まで下がっていたという米データサイト「ファングラフス」のデータを紹介。さらにオールスター後の直近10試合で0勝7敗、防御率6.44とさらに成績が悪化し、空振り率、ストライクゾーンでの打者のコンタクト率もキャリア最低だったとしている。

 長年定位置であった1番手ではないかもしれないが、今季も先発ローテーションの一角に入る見込み。右腕は取材に対して「去年起こったことは心配ない」「今年は新しい年だ。準備はできている。どうなるか見てみようじゃないか」と復活への自信も覗かせている。


Full-countの記事をもっと見る 2019年2月14日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。