王貞治が断トツ、巨人丸はどこまで迫れるか? 今季達成が予想される記録【四球編】

王貞治が断トツ、巨人丸はどこまで迫れるか? 今季達成が予想される記録【四球編】
阪神・鳥谷敬【写真:荒川祐史】
王貞治は通算2390四球と圧倒的な数字を残す

 四球は地味なリザルトだが、打者の能力をはかる上で、非常に重要だ。MLBでは四球は安打と同じくらい重要だとされている。四球は「好球必打」が必要な打者にとって「打つべきでない球」を見分ける能力=選球眼の結果だ。また、長打が多い強打者は、投手が勝負を避けるため、四球が多くなる。四球で歩くことを喜ぶ打者は少ないが、優秀な打者でないと四球は増えないのだ。

〇NPB歴代四球数10傑()は実働期間

1 王貞治 2390四球(1959-1980)
2 落合博満 1475四球(1979-1998)
3 金本知憲 1368四球(1992-2012)
4 清原和博 1346四球(1986-2008)
5 張本勲 1274四球(1959-1981)
6 門田博光 1273四球(1970-1992)
7 野村克也 1252四球(1954-1980)
8 福本豊 1234四球(1969-1988)
9 山本浩二 1168四球(1969-1986)
10 谷繁元信 1133四球(1989-2015)

 王貞治の数字が突出している。NPBでは四球は1000四球から500刻みで表彰されるが、1500四球も2000四球も王しか記録していない。昭和の時代、圧倒的な強打者だった王貞治は、13年連続を含む15回本塁打王に輝いたが、同時期に18年連続で最多四球を記録。王に続く10傑にも、強打者が多く並んでいる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 王貞治 体調
  2. 王貞治 記録
Full-countの記事をもっと見る 2019年2月15日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「王貞治 + 体調」のおすすめ記事

「王貞治 + 体調」のおすすめ記事をもっと見る

「王貞治 + 記録」のおすすめ記事

「王貞治 + 記録」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「落合博満」のニュース

次に読みたい関連記事「落合博満」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。