意外に多い投手から打者転向組…川上、柴田、石井琢ら史上に残る強打者誕生

意外に多い投手から打者転向組…川上、柴田、石井琢ら史上に残る強打者誕生
ヤクルト・雄平【写真:荒川祐史】
日本ハムの白村が、今春から野手への転向を発表

 日本ハムの白村明弘が、投手から野手への転向を発表した。2014年に投手として1軍デビューした白村は、翌年には中継ぎとして50試合に登板している。驚きのニュースとなったが、球史を紐解けば、投手から野手への転向は決して珍しくない。

 プロ野球で活躍するほどの選手であれば、アマチュア時代に多くは「投手で4番」を経験している。アマ時代は投手だが、野手としてプロ入りした選手も珍しくない。また、大谷翔平のように「二刀流」で活躍した選手も、阪神の藤村冨美雄など昭和の時代には何人かいた。そういう例を除き、投手専業から野手に転向した事例をいくつか挙げよう。

 昭和時代の代表格といえば、西沢道夫だろう。高等小学校から、1937年に15歳で名古屋(現中日)に入団。182センチの長身を生かしてエースとして活躍した。1940年には20勝を挙げるが、1946年に一塁手に転向。1952年に首位打者と打点王を獲得するなど、中軸打者として活躍した。投手として60勝、打者として1717安打を記録し、1977年には殿堂入りしている。

「打撃の神様」川上哲治も、投手から野手への転向例だ。1938年に熊本県立工業から巨人に入団。戦前は左腕投手だったが通算11勝止まり。スタルヒンなどの陰に隠れて二線級だったが、打撃の腕を買われて1939年から内野手登録に変更され、1942年に一塁手に完全転向した。1956年に史上初の2000本安打をマークするなど、巨人草創期の大打者として君臨。投手として11勝、打者として2351安打。1965年に殿堂入りした。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 大谷翔平 手術
  2. 大谷翔平 現地メディア
Full-countの記事をもっと見る 2019年2月21日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「大谷翔平 + 手術」のおすすめ記事

「大谷翔平 + 手術」のおすすめ記事をもっと見る

「大谷翔平 + 現地メディア」のおすすめ記事

「大谷翔平 + 現地メディア」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。