再び先発ローテで…オリックス6年目右腕が復活にかけた新投球術とは

再び先発ローテで…オリックス6年目右腕が復活にかけた新投球術とは
ブルペン入りしたオリックス・東明大貴【写真:岩国誠】
15年10勝の東明は16年11月、17年8月と右肘を2度手術、昨季終盤に復活星「肘のケガがあったから」

 オリックス・東明大貴投手が21日、宮崎での春季キャンプ第4クール最終日でブルペン入り。カーブ、スライダー、フォークと全ての変化球を交えて89球を投げた。昨年9月に2年ぶり、896日ぶりの勝利を挙げたプロ6年目右腕は「波はありますが、ちょっとずつ良くなっています。状態はいい」と振り返った。

“攻めの投球”で復活を目指す。昨季は7試合登板で39回2/3と投球回は少ないものの、与四球率(投手が9イニング投げたと仮定した場合の平均与四球数)が0.68。24試合登板した2016年は3.98(122回投げて54四球)だったが、大きく改善された。東明は「肘のケガもあるかも」と明かし、こう続けた。

「去年、自分のいい球が打者にとっていい球かって考える時があって、それだったらストライクゾーンに投げちゃおうと思って。正直、ファームでも打たれていて、チャンスも少ないと思っていた中で1回、1軍に上がった時に『四球で自滅するのだけはやめよう』と思ったんです」

 ストライクゾーンで勝負する――。甘くなれば痛打となる可能性が高まるだけに、より制球力が必要とされる中、昨季後半戦から走者がいない場合でも、セットポジションで投げるようにした。「単純に安定しているからです。ブレを少なくしたいと考えた時に、これしか手段がなかったという感じです。今の段階で勝負していくには、これ(セットポジション)でやっていくしかない」というが、結果は顕著に現れたという。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年2月21日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。