松坂フィーバー、まさかの“影武者”も… 現在は2球団の高知春季キャンプ

松坂フィーバー、まさかの“影武者”も… 現在は2球団の高知春季キャンプ
高知で春季キャンプを行う西武【写真:広尾晃】
20年前の1999年は松坂の加入で大いに盛り上がった高知・春野球場

 現在、日本国内のNPB春季キャンプは、宮崎、沖縄、高知で行われている。高知での春季キャンプは、今は西武阪神の2球団だけとなっている。西武は、2軍が2月1日から高知市春野球場でキャンプを行う。下旬に1軍が宮崎県日南市から移動してくると、2軍は同じ高知市の東部野球場に移動する。阪神は2軍が2月1日から高知県安芸市で春季キャンプを張っている。

 かつては、阪神1軍、オリックス、ダイエー(現ソフトバンク)なども高知で春季キャンプを行っていた。しかし21世紀に入って、高知で春季キャンプを張る球団は減少している。沖縄や宮崎でキャンプを実施する球団が増加しているのだ。

 同じエリアでキャンプを張る球団が減ると、練習試合を行う機会が減る。このために、残る球団も、より多くの球団がキャンプを張るエリアに移転を検討するという流れができてしまう。2016年まで、ロッテ2軍は鹿児島・薩摩川内市でキャンプを行っていたが、2017年から1軍の沖縄県石垣市に合流。鹿児島県での春季キャンプはなくなった。地元自治体は、経済効果が見込めるプロ野球キャンプを引き留めようとしているが、沖縄への一極集中の流れは止められそうにない。

 高知のキャンプが最も盛り上がったのは、今から20年前の1999年。前年、夏の甲子園を沸かせた横浜高校の松坂大輔がドラフト1位で西武ライオンズに入団。高知、春野球場のキャンプで背番号「18」を初お目見えさせた。JR高知駅から春野球場までは、車で20分程度。タクシーはピストン運転でファンを球場に送った。バスも増発された。また駐車場も満車。西武春季キャンプ地は大賑わいになった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年2月23日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら