プロ10年目、27歳の鷹育成左腕は覚醒なるか? 肩&肘の手術乗り越え「今が楽しい」

プロ10年目、27歳の鷹育成左腕は覚醒なるか? 肩&肘の手術乗り越え「今が楽しい」
ソフトバンク・川原弘之【写真:福谷佑介】
20日の紅白戦で最速151キロを記録「まだ出そうな気はします」

 いま、宮崎でキャンプを行うソフトバンクで、にわかに注目を集めている左腕がいる。鳴り物入りで入団したルーキーでもなければ、若き新星でもない。今季でプロ10年目。シーズン中には28歳になる育成選手である。

 川原弘之、27歳。2009年のドラフト2位で福岡大大濠高から入団した大型左腕だ。同期入団のドラフト1位は今宮健太。他球団の高卒では筒香嘉智菊池雄星が指名された世代。それだけで、長く雌伏の時が続いていたことが良く分かるだろう。

 プロ3年目の2012年には2軍戦で、当時の日本人左腕最速となる158キロを記録し、一躍脚光を浴びた。だが、プロ生活の多くは怪我との戦いだった。2015年の開幕前には左肩の手術を受け、さらに、シーズン終了後には左肘の靱帯再建手術、通称トミー・ジョン手術も受けた。2016年からは育成契約に。長く、険しいリハビリを送ってきた。

 そんな怪我に苦しみ続けられてきた川原が、今春のキャンプでアピールを続けている。B組での状態の良さが評価され、20日のA組紅白戦に抜擢。1イニングを三者凡退に切っただけでなく、3人目の打者となった川島慶三に対して3球目、4球目と150キロをマーク。さらに5球目には151キロを記録し、見ているものに衝撃を与えた。

 この時を川原はこう振り返る。「B組で投げている感じをそのまま出すことができて、それが良かったですね。151(キロ)のときは綺麗に投げられたと思います」。スリークォーター気味の腕の位置からで角度があり、さらに150キロオーバーとなれば、その威力は計り知れない。そして、まだ2月。キャンプ真っ只中で体には疲労も残るだけに「まだ出るかもしれないですね、出そうな気はします」と言うのだから、楽しみは尽きない。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 今宮健太 怪我
Full-countの記事をもっと見る 2019年2月24日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「今宮健太 + 怪我」のおすすめ記事

「今宮健太 + 怪我」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「柳田悠岐」のニュース

次に読みたい関連記事「柳田悠岐」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「福田秀平」のニュース

次に読みたい関連記事「福田秀平」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。