日ハム藤岡、鷹・松田遼、ロッテ岡、オリ白崎…18年途中パ移籍組の現在地

日ハム藤岡、鷹・松田遼、ロッテ岡、オリ白崎…18年途中パ移籍組の現在地
昨季途中で日本ハムへ移籍した藤岡貴裕【画像:(C)PLM】
2018年シーズン途中でパ・リーグ球団へ移籍したのは計8選手

 西武から楽天へFA移籍した浅村栄斗内野手、オリックスから自由契約となり日本ハムへ移籍した金子弌大投手らを始め、オフも多くの選手が移籍。いずれも球団から期待を込められた選手たちで春季キャンプでの話題となっている。しかし、それよりも一足早く移籍を経験した選手たちもいる。昨季の移籍期限、2018年7月30日よりも前にトレードで移籍した面々だ。

 今回は昨季途中に移籍した8人の選手の経歴と昨季の状況を紹介するとともに、春季キャンプでの活躍ぶりを交えながら、彼らの「現在地」を探っていきたい。

○藤岡貴裕投手(ロッテ→日本ハム)

 藤岡は東洋大時代にエースとして大活躍し、11年のドラフトの目玉として3球団競合の末に千葉ロッテへ入団。1年目からローテーションに入って6勝をマークすると、その後も2桁勝利こそなかったものの、5年連続で20試合以上に登板し、16年には中継ぎとして32試合で防御率2.55と好投。しかし、故障もあって17年は防御率16.62と大不振に陥り、続く18年は1軍での登板機会が得られないままだった。

 その年の7月27日にトレードで日本ハムに移籍すると、移籍後初登板は奇しくも古巣・ロッテを相手の先発登板だった。だが、この試合では自身のトレード相手でもある岡に2打席連続で安打を許すなど、4回1/3を5失点で敗戦投手に。シーズン通算でも4試合で0勝2敗、防御率6.52と復活は果たせなかった。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年2月25日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。