日米通算は松坂&岩隈の170勝、次の200勝投手誕生は…今季達成が予想される記録【勝利数】

日米通算は松坂&岩隈の170勝、次の200勝投手誕生は…今季達成が予想される記録【勝利数】
中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】
200勝はNPB単独では2008年の山本昌、日米通算では2016年の黒田博樹が最後

「名球会」の資格はNPB、日米通算で「200勝」「2000安打」「250セーブ」だ。2000安打は毎年のように達成者が出ているが、200勝はNPB単独では2008年の中日・山本昌、日米通算でも2016年の広島・黒田博樹を最後に出ていない。

◯NPB 通算勝利数10傑 ()は実働期間

1 金田正一 400勝(1950-1969)
2 米田哲也 350勝(1956-1977)
3 小山正明 320勝(1953-1973)
4 鈴木啓示 317勝(1966-1985)
5 別所毅彦 310勝(1942-1961)
6 V.スタルヒン 303勝(1936-1955)
7 山田久志 284勝(1969-1988)
8 稲尾和久 276勝(1956-1969)
9 梶本隆夫 254勝(1954-1973)
10 東尾修 251勝(1969-1988)

 金田正一の記録が燦然と輝いている。金田は1951年から64年まで14シーズン連続20勝という空前の記録を樹立。まさにアンタッチャブル。1969年に400勝を達成して引退。300勝投手は1984年の鈴木啓示を最後に出ていない。

 日米通算では203勝(NPB124勝、MLB79勝)の黒田博樹が最多。続いて野茂英雄が201勝(NPB78勝MLB123勝)している。

◯NPB現役投手 勝利数10傑
1 石川雅規(ヤ) 163勝(2002-2018)
2 内海哲也(西) 133勝(2004-2018)
3 涌井秀章(ロ) 130勝(2005-2018)
4 和田毅(ソ) 126勝(2003-2017)
5 岸孝之(楽) 122勝(2007-2018)
6 金子千尋(日) 120勝(2006-2018)
7 松坂大輔(中) 114勝(1999-2018)
8 上原浩治(巨) 112勝(1999-2018)
9 岩隈久志(巨) 107勝(2001-2011)
10 能見篤史(神) 102勝(2005-2018)


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年2月28日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュース

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大谷翔平」のニュース

次に読みたい関連記事「大谷翔平」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「内野手」のニュース

次に読みたい関連記事「内野手」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。