負けの数は信頼の証? 最多は金田正一298敗 現役は燕石川【敗北数】

負けの数は信頼の証? 最多は金田正一298敗 現役は燕石川【敗北数】
ロッテ・涌井秀章、ヤクルト・石川雅規、西武・内海哲也(左から)【写真:荒川祐史、安藤かなみ】
通算は金田正一の298敗だが400勝をマークしている

 投手の「敗北」は不名誉な記録であり、NPBの表彰項目にはなっていない。しかし、敗北は、先発登板が多い投手にはついて回る数字であり、敗北数を増やしながらも起用される投手は、チームの信頼が厚いといえる。ある意味で「投手の勲章」ともいえる数字だ。

○NPB通算敗北数10傑()は実働期間。勝利数と勝敗差も出した。

1 金田正一 298敗(1950-1969) 400勝/+102
2 米田哲也 285敗(1956-1977) 350勝/+65
3 梶本隆夫 255敗(1954-1973) 254勝/-1
4 東尾修 247敗(1969-1988) 251勝/+4
5 鈴木啓示 238敗(1966-1985) 317勝/+79
6 小山正明 232敗(1953-1973) 320勝/+88
7 長谷川良平 208敗(1950-1963) 197勝/-11
8 平松政次 196敗(1967-1984) 201勝/+5
9 松岡弘 190敗(1968-1985) 191勝/+1
10 坂井勝二 186敗(1959-1976) 166勝/-20

 1位金田、2位米田は通算勝利数でも1位、2位であり、多く登板する中で敗北も増えていったといえるが、3位には通算254勝で9位の梶本隆夫がつけている。梶本は、米田とともに「ヨネカジコンビ」として阪急のマウンドを長く守った左腕だ。しかし200勝以上の24投手の中では唯一負け越している。阪急は1960年代後半には強豪チームになったが、梶本が主戦投手だった時代は万年Bクラス。好投しても打線の援護がなくて黒星が付くことが多かったのだ。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年3月1日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。