西武移籍の内海、阪神能見らが大台へ挑戦…今季達成が予想される記録【奪三振編】

西武移籍の内海、阪神能見らが大台へ挑戦…今季達成が予想される記録【奪三振編】
阪神・能見篤史(左)と西武・内海哲也【写真:荒川祐史、安藤かなみ】
金田正一は勝利数に続き4490奪三振で歴代1位

 奪三振数も、他の多くの投手成績と同様、登板数、イニング数に比例する数字だ。昭和の時代の大投手の数字が上位に来るが、近年、投手の奪三振率は上昇しているので、平成の投手が見劣りするとは言い切れない。

○NPB通算奪三振10傑()は実働期間 K9は9イニング当たりの奪三振数

1 金田正一 4490奪三振(1950-1969) K9/7.31
2 米田哲也 3388奪三振(1956-1977) K9/5.94
3 小山正明 3159奪三振(1953-1973) K9/5.80
4 鈴木啓示 3061奪三振(1966-1985) K9/5.99
5 江夏豊 2987奪三振(1967-1984) K9/8.41
6 梶本隆夫 2945奪三振(1954-1973) K9/6.30
7 工藤公康 2859奪三振(1982-2010) K9/7.71
8 稲尾和久 2574奪三振(1956-1969) K9/6.44
9 三浦大輔 2481奪三振(1992-2016) K9/6.82
10 村田兆治 2363奪三振(1968-1990) K9/6.38

 勝利数歴代1位、400勝投手の金田正一が1位、2位、350勝の米田哲也が2位。上位には昭和の時代の大投手が並んでいるが、7位には工藤公康、9位には三浦大輔と平成になってから活躍した投手も食い込んでいる。1969年のリーグ平均K9は、パが4.88、セが5.96だった。2018年にはパが7.12、セが7.52まで上がっている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年3月7日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュース

次に読みたい関連記事「東北楽天ゴールデンイーグルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら