阪神、遠いOP戦初勝利 投打噛み合わず6戦勝利なし…日ハム戦

鳥谷が7回勝ち越し適時打も9回藤川が追いつかれる…

阪神 3-3 日本ハム(オープン戦・9日・甲子園)

 阪神は9日、日本ハムとのオープン戦(甲子園)で3-3で引き分け、OP戦初勝利はお預けとなった。

 OP戦5試合でチーム打率.186、8得点と打線が不振だった阪神は3回1死二、三塁から上本博紀の2点二塁打で先制。6回に2番手右腕・浜地真澄が大田、中田にソロ本塁打を浴びて同点に追いつかれたが、7回1死二塁で鳥谷敬の中前適時打で勝ち越した。

 先発の岩貞祐太は4回2安打無失点と好投。1点差で9回に入ったが、4番手の藤川球児が9回1死三塁で谷内に同点適時打を浴びた。9回は先頭の山崎憲晴が中前打で出塁したものの、後続が続かなかった。打線は6安打3得点に終わった。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年3月9日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。