中日ドラ1根尾、初実戦後の一問一答 「あれはハプニング」と苦笑いの出来事は…

中日ドラ1根尾、初実戦後の一問一答 「あれはハプニング」と苦笑いの出来事は…
打席に入る前に重りが外れず苦笑いを浮かべた中日・根尾昂【写真:福谷佑介】
阪神メッセンジャーに2打席無安打「今まで経験したことないボール」

 中日のドラフト1位ルーキー根尾昂内野手が9日、阪神鳴尾浜球場で行われたウエスタン春季教育リーグの阪神戦で実戦デビューを果たした。「6番・DH」で先発出場し、阪神先発のランディ・メッセンジャー投手の前に空振り三振、四球で2打席無安打だった。

 2回2死走者なしでの第1打席は2ボール2ストライクからの5球目にバットが空を斬り、空振り三振に倒れた。5回無死二塁での第2打席は右腕のボールを見極めて四球。6回の打席で代打・石橋康太を送られ、デビュー戦はお役御免となった。

 試合後の根尾のコメントは以下の通り。

――グラウンドに入った時の思いは。
「打席に立たせていただけるということだったので、とにかく1打席も、1球も無駄にしないつもりでグラウンドに入りました」

――相手投手はメッセンジャーでした。
「相手ピッチャーの調子であったりは自分では管理できないですけど、自分の中で打ち損じであったり、打ちミスがまだまだあったので、自分のレベルをもっともっと上げていきたいなと思いました」

――1打席目は空振り三振。打席でやろうとしたことは。
「振るっていうことに関しては振っていけた部分はもちろんあったんですけど、もっとアジャストしていかないといけないですし、これからもっとやっていかないといけないことが見つかった打席だったと思います」

――2打席目はどのような意識で入ったか。
「ビハインドでしたし、とにかく後ろにつなぐ気持ちで打席に立っていました」


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年3月9日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。