中村晃と寺原が投打のヒーロー SB逆転勝利も「もっともっと練習しないと」

決勝打の中村晃、直前で四球を選んだ松田から「任せたぞ」

 痛烈な打球が右中間へと抜けていく――6日の楽天戦で8回裏に逆転打を放った中村晃は、お立ち台で「抜けてくれてよかった」と安堵の表情を見せた。それでも、その後の会見では6回裏1死満塁で内野フライに倒れたことを猛省。

「6回は最低でも犠飛と思っていて、実際に打てる球もあった。それを打っていれば(試合展開は)何てことなかったのに…。しっかりと反省したい。スイングはあまり良くない。改善しないといけないし、もっともっと練習していかないと厳しいかなと思う」

 8回の打席では、目の前で松田宣浩が四球を選び、中村に向かって「任せたぞ」と声をかけたという。

「そんな、任されても…ねえ(笑)。ただ、松田さんの熱い気持ちは伝わりましたよ」

 ヒーロー会見でもしっかりと反省を忘れない打撃マイスターは、“熱男”の期待に応えられたことに少し満足気な表情を浮かべていた。

ピンチ切り抜け今季2勝目の寺原「初球の入り方が大事」

 一方、8回表1死一、二塁の場面でマウンドに上がったのは寺原隼人。ウィーラーを二塁ゴロに打ち取るも、なお2死二、三塁のピンチ。ここで今江敏晃を空振り三振に切り、相手の追撃を許さなかった。その裏にチームは逆転して今季2勝目。「とにかく点を取られないように全力で投げた」と言う寺原は、会見でベテランらしい話を展開した。

「ランナーがいる場面だろうと先発だろうと、初球の入りの大切さに変わりはない。キャッチャーと1球目の入り方を話し合って、しっかりと初球を投げることが大事」

 ふと見ると、寺原の右手には(この日が誕生日の)「髙田選手へ」と書かれた紙袋が。「ヒーローインタビューの後、ファンから『渡してください』って頼まれて。パシリさせられちゃいましたよ(笑)」と言いながら、楽しそうな笑顔のまま髙田への“おつかい”を果たすべくロッカーへと消えていった。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2016年5月6日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら