中日ドラ1根尾、左翼へ大飛球にファン歓声→ため息 2打席無安打で初安打お預け

中日ドラ1根尾、左翼へ大飛球にファン歓声→ため息 2打席無安打で初安打お預け
第1打席は左飛に終わった中日・根尾昂【写真:福谷佑介】
「6番・遊撃」で守備解禁、フェンス手前で失速の左飛に倒れる

 中日のドラフト1位ルーキー根尾昂内野手が10日、阪神鳴尾浜球場で行われたウエスタン教育リーグ阪神戦に「6番・遊撃」でスタメン出場した。2回の第1打席は、阪神先発のガルシアの前に左飛に終わった。

 初回にモヤの2ランで先制した中日。根尾は2回の先頭打者として、この日最初の打席に立った。初球から思い切り振りにいって三塁線への惜しいファール。2球目も打ちに行きファールとなり追い込まれた。

 左腕が投じた3球目。再び打ちにいった根尾の打球は左翼へと高々と舞い上がった。初安打を期待したスタンドからは歓声が上がったが、打球はフェンス手前で失速。左翼手のグラブにボールが収まると、歓声は溜息に変わった。

 第2打席は4回、再び先頭打者として打席へ。この回からマウンドに上がった2番手ドリスと対峙した。2球連続ボールのあと、1球見逃し。2度のファールのあとの6球目は再び左翼へのフライに終わった。実戦2試合目も2打席無安打。2回の守備で遊ゴロ併殺を完成させ、初の守備は無難にこなした。5回の守備でベンチへ退いた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年3月10日の野球記事
「中日ドラ1根尾、左翼へ大飛球にファン歓声→ため息 2打席無安打で初安打お預け」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    打撃は上体に力が入りすぎた。守備は腰高。体幹を鍛える必要もある。今はファームで土台をしっかり作ってオールスター後に1軍でプレー出来れば良い。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。