歴代1位は杉内俊哉 他の投手記録と10傑の顔ぶれが大きく変わる奪三振率

歴代1位は杉内俊哉 他の投手記録と10傑の顔ぶれが大きく変わる奪三振率
2013年のWBCなどでも活躍した巨人・杉内俊哉現ファーム投手コーチ【写真:Getty Images】
奪三振に関する基本的な指標「K/9」、10傑にも現役投手が並ぶ

 奪三振に関する基本的な指標に「K/9」がある。奪三振率ともいわれる。数式は、奪三振数÷投球回数×9。投手が9回を投げれば、いくつ三振を奪うかという指標だ。

 K9は、MLBでは投手の能力を知る上で、非常に重要な指標とされる。投手にとって三振は、振り逃げ以外では走者を許すことがない、きわめて安全なリザルトだからだ。この数値が「9.0」を上回ると、1イニングに1個以上三振を奪っていることになり、パワーピッチャーとみなすことができる。

○NPB歴代K/9の10傑 1500投球回以上 所属があるのは現役 ()は実働期間。

1 杉内俊哉 9.28/2156奪三振/2091回1/3(2002-2018)
2 石井一久 8.84/2115奪三振/2153回1/3(1992-2013)
3 江夏豊 8.41/2987奪三振/3196回(1967-1984)
4 メッセンジャー(神) 8.37/1420奪三振/1527回1/3(2010-2018)
5 和田毅(ソ) 8.27/1520奪三振/1654回2/3(2003-2017)
6 上原浩治(巨) 7.96/1400奪三振/1583回2/3(1999-2018)
7 能見篤史(神) 7.841/1436奪三振/1648回1/3(2005-2018)
8 中田賢一(ソ) 7.839/1337奪三振/1535回(2005-2018)
9 川口和久 7.81/2092奪三振/2410回(1981-1998)
10 金子弌大(日) 7.72/1566奪三振/1825回2/3(2006-2018)


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年3月12日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら