【大学野球】152キロドラフト候補右腕、注目ルーキー 4・6開幕の関西学生野球連盟春季リーグの見所は?

【大学野球】152キロドラフト候補右腕、注目ルーキー 4・6開幕の関西学生野球連盟春季リーグの見所は?
13日に関西学生野球連盟の春季リーグ戦プレス発表が行われた【写真:松倉雄太】
平成最初の日本一 昨秋Vの近大が新元号最初も頂点狙う

 4月6日に開幕する関西学生野球連盟の春季リーグ戦プレス発表が13日、大阪市内で行われ、六大学の監督が顔を揃えた。

 会見では昨秋のリーグ戦優勝で優勝した近畿大学の田中秀昌監督から順に、期待の選手などチーム状況を語った。各大学の監督コメントをもとに、リーグ戦の見どころを探っていきたい。

○近畿大学(昨秋優勝)

 秋の明治神宮大会4強のメンバーが多く残る。投手陣は最速152キロのドラフト候補右腕・村西良太(4年・津名)、昨秋4勝を挙げて最優秀投手に輝いた林山太州(3年・創成館)、神宮で好投した鷲崎淳(4年・創成館)が三本柱。今季、正捕手になった井町大生(3年・履正社)が投手陣をリードする。

 打線は大学日本代表で来秋ドラフト候補の佐藤輝明(3年・仁川学院)が4番に座り、今秋ドラフト候補の谷川刀麻(4年・星稜)、中川智裕(4年・近大附)らが周りを固める。

 昨年の甲子園を沸かせた梶田蓮(三重)、竹谷理央(星稜)の1年生2人もすでにオープン戦で起用されており、スタメンに名を連ねる可能性も高い。田中秀昌監督は、「何とか秋春連覇を果たして大学選手権に行きたい」と語り、“平成最初の日本一は近大、新元号最初の日本一も近大”という偉業を狙う。

○立命館大学(昨秋2位)

 4年間チームを引っ張った辰己涼介(楽天)が卒業。「スターが抜けた今年は、泥臭い野球で戦いたい」と後藤昇監督はニュー立命で優勝を狙う。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年3月14日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。