【MLB】来季「二刀流選手」を定義 大谷所属のエ軍監督はメリット強調「投手を一人増やせる」

【MLB】来季「二刀流選手」を定義 大谷所属のエ軍監督はメリット強調「投手を一人増やせる」
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
MLBと選手会が合意、「トミー・ジョン手術」のように「大谷ルール」と呼ばれる?

 メジャーリーグ機構(MLB)は14日(日本時間15日)、選手会との間で2020年からの新ルールについて合意したと発表した。リリースには、昨年の大谷翔平投手(エンゼルス)の活躍を受けて増えつつある「二刀流選手」の“定義”も記載。「野球の神様」ベーブ・ルース以来100年ぶりの二刀流として道を切り開いた大谷が、メジャーを変えつつある。

 いくつかの注目点が加わった新ルールでは、ウエーバー手続きを経ないトレード期限の7月31日が選手が移籍するラストチャンスとなり、昨年までのような複雑なウエーバーシステムが絡む8月のトレード移籍が不可能に。また、ベンチ入りメンバーとなるアクティブ・ロースターの人数が25人から26人に増加。ダブルヘッダーの日はこれまで1人増えて26人がベンチ入りできたが、これも27人に増加する。

 さらに、昨年までは9月に入るとメジャー契約の40人が全員ベンチ入りできるようになる「セプテンバー・コールアップ」があったが、これは28人に縮小にされた。投手は最低でも打者3人、もしくはイニングが終わるまでの登板を義務づけられ、「ワンポイントリリーフ」ができなくなる。

 そして、最大の注目は「Two-Way Player(二刀流選手)」の定義付け。来季から選手は「投手」か「野手」に明確に分けられ、メジャーでよく見られる野手の登板は、延長戦に入るか、6点以上の点差がついている場合のみしかできなくなる。「Two-Way Player」には、投手として20イニング登板し、同時に野手として20試合(各試合で最低でも3打席)以上出場することが義務付けられることになった。まさに大谷が現れたことによって作られた“ルール”だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年3月15日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。