新井貴浩氏、引退セレモニー 山本浩二氏&黒田博樹氏登場知らされず「内心ビクビク」

チームメートらの手で7回胴上げ「最後は重くて上がらなかったんじゃないかな」

■オリックス 5-3 広島(オープン戦・16日・マツダスタジアム)

 16日の広島対オリックスのオープン戦で、昨年限りで現役引退した新井貴浩氏の引退セレモニーが行われた。

 試合前には、新井氏が若手時代に広島の監督だった山本浩二氏と、現役時代の盟友だった黒田博樹氏による「サプライズ贈呈式」が行われ、新井氏を模った「大三振人形」と「大飛躍(ジャンプ)銅像」が贈られた。特に黒田氏の登場には新井氏だけでなく、観客にもサプライズだったようで、スタンドからは大きなどよめきが起こった。始球式では2人の息子が打席に立ち、球場は和やかなムードに包まれた。

 試合後は引退あいさつを行い、感極まって言葉に詰まる場面もあったが、最後まで涙は見せず。グラウンド一周と、チームメートらによる7回の胴上げでセレモニーは終了した。

 選手全員と握手を交わした後、ベンチ裏に引き上げて報道陣に囲まれた新井氏は「本当にたくさんの人が来てくれて、そういう人たちが喜んでくれればいいと思う」と、集まった3万人以上のファンに感謝した。山本氏と黒田氏の登場については「球団の人からも本当に何も聞かされていなくて、内心ビクビクしていた」と周囲を笑わせた。

 7回で終わった胴上げに関しては「最後は重くて上がらなかったんじゃないかな」と笑顔を見せた。「胴上げは3回目ですかね。3回もやってもらって本当にありがたいし、かわいい後輩たちに、こんないい気持ちでユニフォームを脱がせてもらってありがとうという気持ち」と感慨深そうに話し、「4連覇は十分に狙えるチームだと思う。ケガだけに気をつけて、今まで通りにやってくれればいい」と後輩にエールを贈った。

 引退あいさつでは、7年間所属していた阪神や、会長を務めた選手会の関係者にも感謝の言葉を贈った。「20年間いろいろあったが、全てが必要なことだったと思う」とプロ野球人生を振り返った新井氏は「ありがとうございました!」と若手選手のような元気な声で会見を締めくくった。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 新井貴浩 年俸
  2. 新井貴浩 引退
Full-countの記事をもっと見る 2019年3月16日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「新井貴浩 + 年俸」のおすすめ記事

「新井貴浩 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

「新井貴浩 + 引退」のおすすめ記事

「新井貴浩 + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「村田修一」のニュース

次に読みたい関連記事「村田修一」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら