今回が5回目 かつては松井秀喜や松坂大輔も躍動、MLB日本開幕戦の歴史

今回が5回目 かつては松井秀喜や松坂大輔も躍動、MLB日本開幕戦の歴史
来日記者会見を行った左からマリナーズ・イチロー、菊池雄星、サービス監督【写真:編集部】
2000年のメッツ・カブス戦が最初 今回はMLB日本開幕シリーズは7年ぶりの5度目の開催

 MLBの公式戦は年間162試合。NPBと異なり、地方球場で公式戦を行うケースは非常に少ない。本拠地球場で81試合主催試合を行うのが一般的だ。その例外は海外での公式戦。主としてマーケティング的な目的で、MLB球団は海外公式戦を行うことがある。

 海外での公式戦は1996年8月、パドレスがメキシコでメッツを相手に3試合行ったのが最初だ。これは当時、MLBがエクスパンションでメキシコに球団を設立する話があったことが背景にある。パドレスは1999年にもロッキーズとメキシコで公式戦1試合行っている。これは開幕戦だった。またエクスポス(現ナショナルズ)は本拠地での慢性的な不入りのために経営難に陥り、2003、2004年とアメリカ領プエルトリコで20試合以上の公式戦を行っている。

 日本での公式戦は2000年から12年まで計4回、8試合が開催されている。すべて開幕シリーズだ。

 先に記したチームの主催試合。球場はすべて東京ドームだ。

2000年
3月29日メッツ対カブス
3月30日カブス対メッツ

 2000年はメッツ、カブスが主催試合を1試合ずつ行った。日本人選手はいなかったが、カブスのサミー・ソーサ、メッツのマイク・ピアッツァなどのスーパースターがプレーした。第1戦はカブスが5-3で勝ち、第2戦はメッツが5-1で勝った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 松井秀喜 ヤンキース
  2. 松井秀喜 巨人
  3. 松井秀喜 監督
Full-countの記事をもっと見る 2019年3月16日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「松井秀喜 + 巨人」のおすすめ記事

「松井秀喜 + 巨人」のおすすめ記事をもっと見る

「松井秀喜 + 監督」のおすすめ記事

「松井秀喜 + 監督」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「斉藤和巳」のニュース

次に読みたい関連記事「斉藤和巳」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。