昨季29発のア軍大砲、三振喫した斎藤に脱帽「打ちにくい直球。スプリットもいい」

昨季29発のア軍大砲、三振喫した斎藤に脱帽「打ちにくい直球。スプリットもいい」
アスレチックス戦に先発した日本ハム・斎藤佑樹【写真:AP】
日本ハムにも感心「選手はメジャーよりも基礎がしっかりしているイメージ」

 日本ハムの斎藤佑樹投手が18日、東京ドームで行われたアスレチックスとの「2019 MGM MLB 日本開幕戦 プレシーズンゲーム」に先発し、メジャーの強打者を相手に2回1安打1失点という好投を見せた。初回は四球を与えたものの、無失点。1死一塁からマット・オルソン内野手を低めのスプリットで空振り三振に切ったが、この昨季29本塁打の強打者が斎藤佑のピッチングを絶賛した。

 メジャーの若きスラッガーを唸らせた。初回1死一塁の場面で、斎藤佑がオルソンと対峙した。昨季打率.247ながら、29本塁打84打点の成績を残したアスレチックスの大砲に対し、カウント1-2と追い込んだ5球目に斎藤佑はスプリットを選択した。ハーフスイングを取られ、空振り三振に終わったオルソンは、斎藤佑に強いインパクトを覚えた様子だった。

「日本ハムのナンバーワンはすごく良かった。すごく打ちにくいファストボールを投げてきた。僕の打席ではすごく制球されていたし、間違いなく、あのスプリットも良かった。いい投手だと思ったよ」

 試合後のロッカールームでオルソンは脱帽した。三振を奪われたスプリットのみならず、制球力と130キロ台のストレートに関しても、24歳のスラッガーは高く評価した。

 この日は3打数無安打に終わったオルソン。チームは9回に主砲デービスの3ランなどで4点を奪い6-6のドローに持ち込んだが、土壇場まで追い込んだ日ハムというチームそのものにも強烈な印象を受けた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 斎藤佑樹 ドラフト
  2. 斎藤佑樹 甲子園
  3. 斎藤佑樹 登板
Full-countの記事をもっと見る 2019年3月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「斎藤佑樹 + ドラフト」のおすすめ記事

「斎藤佑樹 + ドラフト」のおすすめ記事をもっと見る

「斎藤佑樹 + 甲子園」のおすすめ記事

「斎藤佑樹 + 甲子園」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「オリックス・バファローズ」のニュース

次に読みたい関連記事「オリックス・バファローズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。