投手の「華」奪三振、“奪空振り三振王”と“奪見逃し三振王”は誰? 意外な名前も…

投手の「華」奪三振、“奪空振り三振王”と“奪見逃し三振王”は誰? 意外な名前も…
楽天・岸孝之(左)、則本昂大【写真:荒川祐史】
チーム全体で奪三振数が多いのは阪神、DeNA、楽天

 セイバーメトリクスにおいて、DIPS(Defense Independent Pitching Statistics)という守備の影響を抜きにして投手の成績を評価しようとする概念があります。そこで用いられる指標の1つが「奪三振」です。三振を奪うことができれば、相手の状況を変えることなくアウトカウントを1つ増やすことができます。その得点価値は-0.27点分にあたります。

 ご存知のように三振には「空振り三振」と「見逃し三振」があります。投手にとってバットが空を切る「空振り三振」を奪うと爽快でしょうが、打者の裏をかきバットを振らせることなく奪取する「見逃し三振」も投手にとっての醍醐味でしょう。そこで、今回は「奪空振り三振」と「奪見逃し三振」に分けてランキングを紹介していきます。(注:所属は昨季時点のもの)

 まずは12球団の奪三振における「空振り三振」と「見逃し三振」の割合を見てみましょう。

◯2018年チーム奪三振

パ・リーグ
日本ハム
空振り796(80.6%)見逃し186(18.8%)

ソフトバンク
空振り873(80.3%)見逃し212(19.5%)

オリックス
空振り804(78.1%)見逃し223(21.7%)

楽天
空振り862(77.3%)見逃し248(22.3%)

西武
空振り732(76.3%)見逃し222(23.1%)

ロッテ
空振り692(76.2%)見逃し212(23.3%)


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年3月26日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「中日ドラゴンズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。