ライオンズのレジェンド・中西太 3冠王に何度も肉薄した伝説の強打者を振り返る

ライオンズのレジェンド・中西太 3冠王に何度も肉薄した伝説の強打者を振り返る
4月2日に始球式を務める予定の中西太氏【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
4月2日の本拠地開幕戦で始球式を行う中西太氏

 埼玉西武ライオンズは、4月2日の本拠地開幕戦に、ライオンズOBの中西太氏が始球式を行うと発表した。中西太がライオンズのユニフォームを着ていたのは、今からちょうど半世紀前の1969年までだ。この選手の雄姿を実際に見た記憶がある人は、おおむね60歳以上になっている。しかし、中西は昭和中期のプロ野球を語る上で欠かせない大選手だった。

 中西太は1933年4月11日香川県生まれ。まもなく86歳になる。長嶋茂雄野村克也より2学年上、同学年には金田正一や吉田義男がいる。香川県の名門、高松一高時代は強打の三塁手として甲子園で活躍。卒業後は郷土の大先輩である三原脩が監督を務める西鉄ライオンズに入団した。

 174センチ94キロの巨体から「怪童」と名付けられた中西は、入団1年目の1952年にいきなり正三塁手に抜擢され12本塁打、65打点、打率.281で新人王。翌年には36本塁打86打点で2冠王。スターダムにのし上がる。1年遅れで西鉄に入団した豊田泰光、戦後のプロ野球の大スター大下弘らと強力な打線を組み、1954年に球団を初優勝に導く。

 西鉄は1956年には大エース稲尾和久が入団し、史上に残るライオンズ黄金時代を築き上げた。中西はこの年、三原脩監督の娘と結婚している。当時の中西は巨体に似合わず俊敏な守備、走塁でもならしたオールラウンドプレーヤーだった。そして三冠王に何度も肉薄している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年3月31日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュース

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。