【MLB】イチロー引退後は誰? 今季メジャー最年長は投手ロドニー、野手プホルス

【MLB】イチロー引退後は誰? 今季メジャー最年長は投手ロドニー、野手プホルス
東京ドームでの試合を最後に現役を引退したマリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】
最年少も投打揃ってドミニカ共和国出身選手

 3月20日に東京ドームで行われた今季開幕戦に45歳149日で出場したマリナーズイチロー外野手。これは開幕スタメンを果たした野手ではメジャー史上2番目に年長で、外野手では史上最年長となった。だが、21日の第2戦終了後に現役引退を発表。28日(日本時間29日)に行われた北米での開幕ロースターには名を連ねなかった。またイチローより約5か月年長の右腕バートロ・コロンも現在FAのままで、どのチームにも所属していない。

 それでは、イチローとコロンが開幕ロースターに名を連ねていない今季は、誰がメジャー最年長となったのか。米最大移籍情報サイト「MLBトレード・ルーモアズ」では特集を組み、今季開幕ロースターの中で最年長と最年少選手を紹介している。

 記事によれば、最年長はアスレチックスの救援投手フェルナンド・ロドニーの42歳。それに続くのが、エンゼルス主砲のアルバート・プホルスで39歳となっている。奇しくも同じドミニカ共和国出身の2人が、投打でメジャー最年長となった。

 最年少はというと、ブルージェイズ右腕のエルビス・ルシアーノの19歳で、ロドニーとの年齢差は実に23歳となっている。それに続くのが、パドレスのフェルナンド・タティスJr.の20歳。投打の最年少も揃ってドミニカ共和国出身選手となった。

 最年長コンビのロドニーとプホルスが、どこまで記録を伸ばし続けるのか。2001年にデビューし、イチローと“同期”のプホルスは満身創痍の中でプレーし続けているが、ぜひイチローの45歳を目指してほしいところだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年4月1日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。