【林昌範の目】移籍新加入の選手が経験する独特の重圧 ノドから手が出るほど欲しい結果

【林昌範の目】移籍新加入の選手が経験する独特の重圧 ノドから手が出るほど欲しい結果
日本ハム・金子弌大【写真:石川加奈子】
開幕カードは移籍した選手たちに注目、ファンに認められるのが何よりうれしい

 プロ野球のシーズンが始まりました。開幕戦のカードでは、巨人が3連覇中の広島に敵地・マツダスタジアムで2年ぶりの勝ち越し。2年連続日本一を目指すソフトバンクは昨季リーグ覇者の西武に同一カード3連勝と見応えのある試合が多く、ファンの皆さんも楽しんだのではないでしょうか。

 個人的に注目したのが今年から移籍した選手たちです。私も現役時代は巨人、日本ハム、DeNAと3球団でプレーしましたが、移籍先で迎えた開幕戦は独特の重圧がありました。新人ではないのでそんなに緊張しないだろうと見る方も多いと思いますが、実際は違います。移籍先で首脳陣にアピールしてチームメート、ファンにも認めてもらうためにも、1日でも早く結果が欲しいのです。

 私は日本ハム、DeNAでの移籍1年目に、春先はほとんど眠れなかったのを覚えています。それだけ気が張っていたのでしょう。ブルペンの雰囲気もチームによって違いますし、環境に慣れなければいけません。試合中のどこで登板するかもわからないので、常に準備をしていました。最初の登板で抑えると、精神状態が楽になります。他の主力選手は1年通じてトータルで結果を出せばいいと気持ちを切り替えられますが、新加入の選手は違います。1年を占う意味でも、春先の結果は非常に重要です。

 FA選手が注目されますが、トレードや前所属の球団から自由契約となり新天地でプレーする選手は、スタートでノドから手が出るほど結果が欲しいと思います。この開幕3連戦を見ると、新加入の選手たちがきっちり結果を出したのが印象的でした。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年4月2日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜DeNAベイスターズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。