ヤクルト青木が今季1号 好投続けるDeNAルーキー・上茶谷へ“洗礼弾”

開幕3連戦では打率5割と好調 ヤクルト本拠地開幕戦で先制弾

■ヤクルト – DeNA(2日・神宮)

 ヤクルトの青木宣親外野手が2日のDeNA戦(神宮)の4回、今季1号となるソロを左翼席に放った。

 ルーキーへの洗礼弾となった。相手先発はドラフト1位ルーキーの上茶谷。新人とは思えぬ、大胆かつ、丁寧な投球でヤクルト打線は3回までヒット1本と抑え込まれていた。しかし、開幕3連戦で12打数6安打、打率5割の青木が2巡目で対応。反対方向に強く打球を放ち、スタンドに放り込んだ。

 この日はヤクルトの本拠地開幕戦。自身の今季1号が神宮球場の第1号となった。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 青木宣親 怪我
Full-countの記事をもっと見る 2019年4月2日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「青木宣親 + 怪我」のおすすめ記事

「青木宣親 + 怪我」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「外野手」のニュース

次に読みたい関連記事「外野手」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アストロズ」のニュース

次に読みたい関連記事「アストロズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。