丸佳浩の加入が巨人にもたらした“速攻力” セ・リーグトップを誇る序盤の得点

丸佳浩の加入が巨人にもたらした“速攻力” セ・リーグトップを誇る序盤の得点
巨人・丸佳浩【写真:Getty Images】
丸が3番に入ることで、坂本が2番に回り得点力アップ

 開幕から2週間が経過した今季のプロ野球。広島が3連覇中のセ・リーグは巨人が好スタートを切っている。7日時点で6勝3敗で首位を走っている。その大きな要因の1つが、新加入の丸佳浩であることは間違いない。

 開幕戦から「3番・中堅」でスタメンが続く丸だが、3月29日の古巣・広島との開幕戦では4打席4三振と最悪のスタートだった。だが、そこはやはり2年連続MVP。しっかりと実力を発揮し、3番打者として復調。これによって巨人打線も勢いを得た。

 丸が3番に座ったことで、昨年までの3番・坂本勇人が2番に繰り上がった。MLBでは“2番最強打者”が流行しているが、それに近いような形ができあがった。MLB2番最強打者は、早い回に大量点を奪って試合を有利に進めることを意図している部分もあり、まさに巨人も“速攻”によって得点を稼いでいる。

 今季のセ・リーグ6球団の1~3回の得点数を見てみよう。

巨人 8→2→10(計20得点)
ヤクルト 4→6→1(計11得点)
DeNA 7→3→2(計12得点)
広島 2→1→7(計10得点)
中日 1→6→3(計10得点)
阪神 2→0→1(計3得点)

 巨人打線は、3回までに全得点の50%に迫る20得点を挙げている。1回に8得点、そして上位に2巡目の打席が回る3回に10得点を挙げており、共にリーグ最多。序盤にしっかり点を稼ぐことで、試合展開を有利にしている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 丸佳浩 FA
Full-countの記事をもっと見る 2019年4月9日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「丸佳浩 + FA」のおすすめ記事

「丸佳浩 + FA」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「大瀬良大地」のニュース

次に読みたい関連記事「大瀬良大地」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「西勇輝」のニュース

次に読みたい関連記事「西勇輝」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。