鷹、延長11回競り負け首位陥落 継投裏目の工藤監督「松田遼くんでいけるだろうと…」

鷹、延長11回競り負け首位陥落 継投裏目の工藤監督「松田遼くんでいけるだろうと…」
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
柳田を欠く打線は6安打で2得点、スクイズ失敗などミスも…

■日本ハム 3-2 ソフトバンク(10日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが、2試合連続の延長戦の末に競り負けた。10日、本拠地ヤフオクドームでの日本ハム戦。延長11回にリリーフ陣がつかまって決勝点を許し、首位の座を楽天に明け渡した。

 大田の2ランで先制を許したが、その直後に今宮が5号2ランを放ち、すぐさま同点に追いついた。先発の大竹が7回4安打2失点と好投し、甲斐野、森も無失点で繋いで勝機を伺った。

 綻びが出たのは延長11回。10回から登板していた加治屋が回を跨いでマウンドに。すると、先頭の西川に四球を与え、大田には三塁への内野安打。ここに松田の二塁への悪送球が絡み、無死一、三塁のピンチを招いた。

 左打者の近藤をむかえるところで、ベンチは加治屋から嘉弥真へとスイッチ。左腕は近藤を右飛に打ち取り、さらに上林がレーザービームで西川の生還を阻止。一気に2死一塁となった。4番の中田を迎え、工藤公康監督はさらに嘉弥真から右の松田遼へと継投。これが裏目に出た。松田遼は中田に四球を与え、左打者の王柏融に右前適時打を許してこれが決勝点になった。

 この場面の継投、試合後の工藤公康監督は意図をこう説明した。「ライトフライでゲッツーというのは関係なく、ワンアウト一、三塁で松田(遼)くんが、ダブルプレーないしホームでアウトというのを考えていた。川原くんも準備していて、その考えもあったが、状態がいいということで松田くんでいけるだろうと思っての起用だった」と語った。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2019年4月10日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。