「松坂世代」の元西武右腕が独立Lで得たもの アカデミーで新たな挑戦へ

「松坂世代」の元西武右腕が独立Lで得たもの アカデミーで新たな挑戦へ
今年からアカデミーコーチに就任した長田秀一郎さん【写真提供:西武ライオンズ】
西武、DeNAで中継ぎとして活躍した長田秀一郎さん

 プロ野球が開幕し、元プロ野球選手がコーチを務めるライオンズアカデミーも新年度がスタートした。西武で中継ぎとして活躍した長田秀一郎さんは、今年からアカデミーコーチに就任。新たな挑戦を始めた。

 神奈川・鎌倉学園高では甲子園出場はなかったが、プロから注目を集める存在だった。同じ神奈川の同級生には横浜高・松坂大輔投手(現中日)がいたが、大学進学を希望していたため特に意識をすることはなかったという。

「ドラフトで指名はなかったですが、指名があっても、両親が六大学で野球をやってほしいという希望を持っていたので、大学に進学すると学校には伝えていました。3年の夏は自己推薦書を書きながら『横浜勝ち進んでるな』と思っていましたけど、テレビで見るだけでした」

 慶応大から2002年ドラフト自由枠で西武に入団。松坂とチームメートになったが、この時も特に意識をすることはなかった。

「松坂を気にするよりも、周りについていくのに必死でした。プロの世界が厳しすぎて2、3年でクビになるかなと思っていました。高校から大学に進学したとき、レベルが5倍違うと思いましたが、大学からプロに入った時も5倍違いました」

独立リーグ新潟で感じた若い選手たちの思い「僕が(NPBに)戻るよりも…」

 それでも、1年目から46試合に登板し、10年には自己最多となる56試合に登板。リリーフとして活躍した。その後、13年にDeNAにトレードで移籍したが、16年には1軍での登板が6試合に留まり、オフに戦力外通告を受けた。トライアウトに参加したものの、NPBの球団から声がかかることはなく、BCリーグの新潟に入団した。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年4月12日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「読売ジャイアンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュース

次に読みたい関連記事「広島東洋カープ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュース

次に読みたい関連記事「千葉ロッテマリーンズ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。