燕青木が首位固めへ先制3号ソロ! 後輩はサイレントトリートメント

後輩たちからの冷たい仕打ち…37歳はノリノリで祝福求める?

■巨人 – ヤクルト(14日・東京ドーム)

 ヤクルトの青木宣親外野手が14日の巨人戦(東京ドーム)で先制弾を放った。

「2番・中堅」で先発出場。初回1死、畠の初球149キロを右翼席上段まで運んだ。3試合ぶりの3号ソロで先取点を奪った。

 シーズン3本目のアーチとなったが、ベンチでは同僚からサイレントトリートメントを受けた。後輩からの冷たい“仕打ち”。37歳ベテランはベンチ前での“空タッチ”後に、ノリノリで祝福を求めていた。チーム内の雰囲気の良さが伝わってくる一幕となった。(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 青木宣親 怪我
Full-countの記事をもっと見る 2019年4月14日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「青木宣親 + 怪我」のおすすめ記事

「青木宣親 + 怪我」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「アストロズ」のニュース

次に読みたい関連記事「アストロズ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「外野手」のニュース

次に読みたい関連記事「外野手」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。