【高校野球】復興目指す南三陸で起きたひとつのドラマ つながった野球の縁

【高校野球】復興目指す南三陸で起きたひとつのドラマ つながった野球の縁
宮城県南三陸町の志津川高校の支援を続ける大滝隆太さん【写真:高橋昌江】
震災から初めて行った自校での練習試合解禁日 3人の指揮官と「恩人」が再会

 約1か月前の3月10日、東日本大震災で被災した宮城県南三陸町の志津川高グラウンドでは球音が響いていた。震災から8年、自校グラウンドで、初めてのシーズンインだった。

 南三陸町は2011年3月11日に発生した東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた町だ。あの日、様変わりした町は年月をかけ、復興に向かっている。彼らが駆け回るグラウンドもその1つだ。1年前、そこには仮設住宅が建ち並んでいたが、今では練習試合ができるまでになった。

 志津川高のグラウンドでは塩釜高と佐沼高がやってきて、練習試合が行われていた。塩釜高の百々智之監督は東日本大震災当時の志津川高の監督。佐沼高の松井康弘監督は2011年4月に志津川高へ赴任し、その秋から監督を務めた。志津川高の佐藤克行監督は2015年に赴任し、その夏から指揮を執る志津川高のOB。この日の試合は震災時から監督というポジションをつないできた3人が現在、それぞれに指導するチームが集った特別な試合だった。

そこには志津川高に関わりの深い一人の男性の姿があった。

 北海道在住の大滝隆太さんがグラウンドでその様子をじっと見つめていた。慶応大硬式野球部で主将を務め、東京六大学リーグでベストナインも獲得した経験を持つ73歳。この大滝さんに、3人の監督は声をそろえる。

 恩人、と――。

 8年前の3月。大滝さんはテレビに映し出される被災地の様子に心を動かされていた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年4月14日の野球記事
「【高校野球】復興目指す南三陸で起きたひとつのドラマ つながった野球の縁」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    自慢と差別と英語ばかりの元アナウンサーどうなの?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「野球」のニュース

次に読みたい関連記事「野球」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。