【MLB】菊池雄星の初勝利はいつになるのか? 5戦勝ちなしは野茂英雄以来の「白星難産」

【MLB】菊池雄星の初勝利はいつになるのか? 5戦勝ちなしは野茂英雄以来の「白星難産」
マリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】
16日のインディアンス戦で6回3失点の力投もメジャー初黒星、5戦連続勝ちなし

 日本時間4月16日、マリナーズ菊池雄星はインディアンス戦で5度目の先発のマウンドに立った。6回を投げて自責点3、投手の最低限の責任とされるQS(Quality Start)を果たしたが黒星が付いた。

 菊池は東京ドームでのマリナーズの開幕シリーズ2戦目に先発、5回途中まで自責点1の好投だったが、初勝利の権利を得るまであと1アウトで降板。通算5試合で3試合QSを記録しながら、援護がなかったり、後続の救援投手が打ち込まれるなどして、白星を逃している。

○主な日本人MLB先発投手の初勝利はデビュー何試合目だったのか。年代順。

野茂英雄ドジャース) 7試合目
1995年6月2日 メッツ戦 8回2被安打 自責点1奪三振6与四球3

伊良部秀輝(ヤンキース) 1試合目
1997年7月10日 タイガース戦 6回2/3、5被安打 自責点2奪三振9与四球4

吉井理人(メッツ) 1試合目
1998年4月5日 パイレーツ戦 7回3被安打 自責点0奪三振7与四球1

石井一久(ドジャース) 1試合目
2002年4月6日 ロッキーズ戦 5回2/3、2被安打 自責点0奪三振10与四球3
※石井はデビューから6連勝

松坂大輔(レッドソックス) 1試合目
2007年4月5日 ロイヤルズ戦 7回6被安打 自責点1奪三振10与四球1

井川慶(ヤンキース) 3試合目
2007年4月18日 インディアンス戦 6回5被安打 自責点2奪三振5与四球1


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年4月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。