ソフトバンクが思う女性へのキモチ タカガールデーに行って感じたこと

ソフトバンクが思う女性へのキモチ タカガールデーに行って感じたこと
女性向け人気イベント「タカガールデー」が東京での初開催となった【写真:荒川祐史】
ピンクに込められた思い 可愛らしいユニホームと啓蒙活動

 4月22日、東京ドームで行われたソフトバンクーオリックス戦は、女性向け人気イベント「タカガールデー」の初の東京開催となった。元ニッポン放送アナウンサーで現在、フリーアナの新保友映さんが、イベントをリポート。福岡で人気イベントの裏にあるテーマに迫った。

 スタンドを見渡すと「フレア」というデザインのピンクユニホームが映えていました。ピンクという色のかわいさに、ソフトバンクファンでなくても惹かれてしまいます。入場時に配られたユニホーム。手にとった瞬間、心が躍りますし、野球ファンでなくても「着たい」と思うのではないでしょうか。ホークス球団は女性ファンが、何を楽しいと思うか知っているな~、なんて思いました。東京初開催で満員の4万3063人が来場。そのうち女性が2万4135人の動員。これを機に、自分の周りのホークスファンではない友達も誘いたいなどとも思いました。

 グッズもピンク色をモチーフとしていて、日頃から使いたいと思わせるものが多かったです。店員さんも自らシュシュなどを身に着け、さりげなくタカガールモード。フードもホットドッグにタピオカドリンクもインスタ映えもするし、実際にいただきましたが、映えるだけでなく美味しい!と思わずうなってしまいました。女性の心を掴む工夫がたくさんされていました。

 タカガールデーが、乳がんの撲滅や早期発見の啓発・推進を呼びかけるピンクリボン運動と連動しているというのも素敵です。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年4月26日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。