一般企業に就職後に再び球界へ 四国ILの“小兵”がブランク感じさせない躍動

一般企業に就職後に再び球界へ 四国ILの“小兵”がブランク感じさせない躍動
古川敬也(愛媛マンダリンパイレーツ)【写真提供:独立リーグドットコム】
小柄ながらアーチをかける古川敬也、四国IL選抜の北米遠征でも奮闘

 現在北米に赴き、キャンナムリーグで奮闘中の「四国アイランドリーグplus ALL STARS」。その序盤戦で17打数7安打3打点2盗塁。「恐怖の6番・7番」として敵を震撼させた170センチ、73キロの左投左打がいる。古川敬也(愛媛マンダリンパイレーツ・外野手)だ。

 生光学園高(徳島)、立命館大と常に日の当たる場所を歩きながら、大学卒業後は一般企業に就職。しかし今季、一念発起して愛媛マンダリンパイレーツに入団すると前期は31試合中29試合に出場し106打数23安打1本塁打。さらにいずれもチーム2位の16打点7盗塁でチームの優勝に貢献。1年間のブランクを感じさせない躍動を続けている。

 では、そんな彼の野球観とは――。一度は離れた戦いの世界に戻ってきたからこそ、全身から「探究心」が溢れている。

――北米遠征も2週間近くが過ぎました。まずは古川選手、ここまでの中で事前に立てた目標と、現在地との間に感じることはありますか?

「僕の目標はまず、北米遠征までは敵だったチームの選手から勉強すること。その中で選抜して頂いた以上、誰よりも打てることを考えていました。他チームから来た選手たちから学ぶことはいっぱいありますね」

――具体的には誰から学んでいますか?

「松澤裕介(香川オリーブガイナーズ)や小林義弘(徳島インディゴソックス)とかですね。練習を見ていると試合だけではわからない学びがいろいろあるんです。たとえば、バッティング練習1つ取っても、打ち方とかをよく見ることができる。対外的な部分はもちろん、対内的にも新鮮です」


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2016年6月18日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。