村田兆治から黒田博樹まで 平成時代の「名球界」入り投手は9人

村田兆治から黒田博樹まで 平成時代の「名球界」入り投手は9人
ヤンキース在籍時の黒田博樹氏【写真:Getty Images】
200勝は6人&250セーブは3人、今後はホールドが入会資格になる可能性も?

「日本プロ野球名球会」は、日本プロ野球で偉大な功績を残した選手を顕彰し、野球を通じての社会貢献を行う団体だ。通称「名球会」。

「名球会」の入会資格は当初、投手は「通算200勝」、打者は「通算2000本安打」の2つだけだったが、のちに「日米通算」も可能となった。さらに「250セーブ」も入会資格となった。また当初は「昭和生まれ」となっていたが、現在は「昭和以降生まれ」となっている。

 平成時代の「名球会」入会選手の投手の顔ぶれを見ていこう。

【投手編】
◯200勝達成投手。達成日順。数字は最終の勝利数。

平成元年5月13日 村田兆治(ロッテ)215勝
平成4年7月16日 北別府学(広島)213勝
平成16年8月17日 工藤公康西武)224勝
平成17年6月15日 野茂英雄(ロイヤルズ)201勝(日78/米123)
平成20年8月4日 山本昌(中日)219勝
平成28年7月23日 黒田博樹(広島)203勝(日124/米79)

 村田は1949年11月27日生まれの69歳。1983年にトミー・ジョン手術を受けて84年に復帰し、以後も勝ち星を積み重ねた。日曜日ごとに登板して「サンデー兆治」と呼ばれた。以後、NPB単独では北別府、工藤、山本昌が200勝のテープを切ったが、それ以降は途切れている。

 ローテーションが確立され、200勝は「絶滅危惧種」的な記録になっている。現役ではヤクルトの石川雅規の163勝が最多だ。日米通算ではヤンキース田中将大の165勝(日99/米66)が最多。令和に入ってもしばらくは達成者は出そうにない。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年4月29日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュース

次に読みたい関連記事「阪神タイガース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドジャース」のニュース

次に読みたい関連記事「ドジャース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大谷翔平」のニュース

次に読みたい関連記事「大谷翔平」のニュースをもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。