イチロー200安打、松井秀喜50本塁打…平成の偉大なシーズン記録【打者編】

イチロー200安打、松井秀喜50本塁打…平成の偉大なシーズン記録【打者編】
現役を引退したイチロー【写真:Getty Images】
イチローは130試合で210安打、松井秀喜は日本人で唯一の50本塁打

 平成年間には、昭和の時代を更新する様々なシーズン記録が生まれている。ここでは、平成の30年間に生まれた、主要な打撃成績を振り返ろう。

○シーズン最多安打

 1994(平成6)年に、イチローが初めて200安打をクリア。当時は130試合制、200安打は夢の記録と思われたが、この年はじめて規定打席に達したオリックスのイチローが達成。以後、試合数が増えたこともあり、7人の選手がクリアしている。

1位 216安打 秋山翔吾西武) 2015(平成27)年/143試合
2位 214安打 M・マートン(阪神) 2010(平成22)年/144試合
3位 210安打 イチロー(オリックス) 1994(平成6)年/130試合
4位 209安打 青木宣親(ヤクルト) 2010(平成22)年/144試合
5位 206安打 西岡剛(ロッテ) 2010(平成22)年/144試合
6位 204安打 A・ラミレス(ヤクルト) 2007(平成19)年/144試合
7位 202安打 青木宣親(ヤクルト) 2005(平成17)年/144試合

 イチローの記録は2010(平成22)年にマートンが抜き、2015(平成27)年に秋山がこれを更新したが、130試合制での大台突破はイチローだけ。その偉大さは色褪せない。

○シーズン最多打席

 144試合制になったこともありシーズン打席も増え、更新された。最多は、2010(平成22)年のロッテ西岡剛の692打席。206安打を打った年に達成された。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. イチロー 伝説
  2. イチロー 引退
  3. イチロー 復帰
Full-countの記事をもっと見る 2019年4月30日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「イチロー + 復帰」のおすすめ記事

「イチロー + 復帰」のおすすめ記事をもっと見る

「イチロー + 引退」のおすすめ記事

「イチロー + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「イチロー + 伝説」のおすすめ記事

「イチロー + 伝説」のおすすめ記事をもっと見る

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。