イチロー200安打、田中24勝0敗、大谷165キロ…パ平成に生まれた快挙を振り返る

イチロー200安打、田中24勝0敗、大谷165キロ…パ平成に生まれた快挙を振り返る
1994年、NPB史上初のシーズン200本安打超えを達成したイチロー氏【写真:(C)PLM】
平成のスター・イチロー氏のNPB史上初のシーズン200安打

「平成」が幕を閉じる。1989年から30年間続いたこの期間、プロ野球界においてはさまざまな快挙が達成されてきた。今回は、平成のうちにパ・リーグで達成された記録の数々を紹介していきたい。

◯イチロー氏:NPB史上初のシーズン200本安打超え(1994年)

 今年3月に惜しまれながら現役を退いたイチロー氏は、登録名を本名の「鈴木一朗」から「イチロー」に変更したプロ3年目の1994年に大ブレークする。驚異的なペースでヒットを量産し、打率.385に加えてNPB史上初の200安打超え(210安打)を達成。当時は現在より10試合以上も少ない130試合制であり、イチロー選手がどれほどハイペースでヒットを積み重ねていったかがうかがえる。

 イチロー氏のその後の活躍は周知の通りだ。7年連続の首位打者、5年連続の最多安打、5度の最高出塁率、打点王・盗塁王と、数多くのタイトルを獲得し、山田久志氏に続いて史上2人目の3年連続MVPに輝く。MLBでも、2度の首位打者、7度の最多安打、盗塁王とMVPに加え、歴代最多のシーズン262安打を記録。通算安打は3000本を超え、日米の球史にその名を刻む偉大な打者となった。

◯北川博敏氏:代打逆転サヨナラ満塁優勝決定ホームラン(2001年)

 北川氏は1994年に捕手としてドラフト2位(逆指名)で阪神に入団したが、1軍定着できないまま2001年に近鉄へと移籍。新天地でも的山哲也氏、古久保健二氏といった守備力の高い捕手陣に阻まれてレギュラー定着は果たせなかったが、代打として徐々に存在感を発揮する。29歳の誕生日に自身初のサヨナラ打を放つなど随所で活躍を見せ、優勝争いを繰り広げるチームに貢献していた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. イチロー 伝説
  2. イチロー 年俸
  3. イチロー 引退
Full-countの記事をもっと見る 2019年4月30日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「イチロー + 引退」のおすすめ記事

「イチロー + 引退」のおすすめ記事をもっと見る

「イチロー + 年俸」のおすすめ記事

「イチロー + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

「イチロー + 復帰」のおすすめ記事

「イチロー + 復帰」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。