【MLB】前田健太、日本人9人目のメジャー通算500奪三振を達成 ピンチ脱出で雄叫び

【MLB】前田健太、日本人9人目のメジャー通算500奪三振を達成 ピンチ脱出で雄叫び
ジャイアンツ戦に先発するドジャース・前田健太【写真:AP】
通算497奪三振で今季6度目先発、5回にベルトから3つ目の三振奪い大台到達

■ジャイアンツ – ドジャース(日本時間30日・サンフランシスコ)

 ドジャースの前田健太投手は29日(日本時間30日)、敵地ジャイアンツ戦で今季6度目の先発マウンドに上がり、日本人投手として9人目のメジャー通算500奪三振を達成した。前田は日本では通算1233奪三振を記録している。

 通算497奪三振でこの試合に臨んだ前田は初回、先頭のパニックにバント安打を許すも、続くソラルテを93マイル(約150キロ)の直球で空振り三振。ベルトにも左前打を浴びたが、ポージーは右飛、サンドバルは左飛に仕留めた。

 2回は先頭クロフォードを四球。ピラーには右前打を許すも、右翼ベリンジャーが三塁を狙ったクロフォードを刺してアウト。パーラを中直に仕留めると、ピッチャーのサマージャを93マイルの直球で空振り三振に仕留めた。

 3回は先頭ポージーを右直、サンドバルを三直で2アウト。クロフォードには中前打を許したものの、ピラーは左飛に打ち取った。5回は先頭パーラを遊ゴロも代打オースティンはシフトの間を抜ける右前打。しかし、ソラルテはマンシーの美技で一直。さらに、ベルトはフルカウントからチェンジアップで空振り三振。メジャー通算500個目の三振でピンチを切り抜け、雄叫びを上げた。

 前田は2016年にドジャースに加入し、今季がメジャー4年目。これが106試合目(先発83試合目)の登板で、468イニング目での大台到達となった。日本人のメジャー通算奪三振数10傑は以下の通り。

1 野茂英雄 1918奪三振
2 ダルビッシュ有 1103奪三振
3 黒田博樹 986奪三振
4 田中将大 828奪三振
5 松坂大輔 720奪三振
6 岩隈久志 714奪三振
7 大家友和 590奪三振
8 上原浩治 572奪三振
9 前田健太 500奪三振
10 長谷川滋利 447奪三振
10 吉井理人 447奪三振(Full-Count編集部)

あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年4月30日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「MLB」のニュース

次に読みたい関連記事「MLB」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュース

次に読みたい関連記事「ニューヨーク・ヤンキース」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュース

次に読みたい関連記事「エンゼルス」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら