ドラフト候補だった男の恩返し 野球の仕事に就くために突き動かした「野球熱」

ドラフト候補だった男の恩返し 野球の仕事に就くために突き動かした「野球熱」
「BIG6.TV」や「teams」など野球事業を手掛けるSPOLABoの北田純さん【写真:編集部】
東京六大学野球リーグライブ配信「BIG6.TV」 草野球マネジメントツール「teams」運営の北田純さん

 東京六大学野球の春季リーグ戦も開幕し、連日盛り上がりを見せている。そんなリーグを盛り上げようとインターネットライブ配信「BIG6.TV」や、プレー人口が増えている草野球のマネジメントツール「teams」を運営するのは倉吉東(鳥取)、明大、JFE西日本でプレーした北田純さん。最速147キロを投げる投手で、一時はドラフト候補に名前があがったこともある右腕が野球を「支える側」になる仕事選んだ理由とその過程を紹介する。そこには現役を退いても冷めない「野球熱」があった。

 かつて自分が立っていた神宮球場が今の仕事場となった。26歳の北田さんは、東京六大学野球リーグを盛り上げるため、今は「BIG6.TV」というライブ配信のディレクターを務めている。一方で、社会人野球を最後に一線は退いたが、今は草野球でプレー。「汗を流す」程度ではなく、日本一のチームを目指して本気でやっているという。草野球にも着目し「teams」というマネジメントツールの運営も行っている。

 自身の経験が今の仕事の礎になっている。

 北田さんは倉吉東高校で甲子園出場はならなかったがエースで4番。2年秋は鳥取大会を制して、中国大会に出場した。1回戦で石見智翠館(島根)と戦い、巨人でプレーする戸根千明投手と投げ合い、0-1で敗れた。その後、明大でリーグ戦にも5試合登板、プロを目指し社会人の名門・JFE西日本では都市対抗野球にも出場した。社会人野球3年を終え、プロの道を諦めたが、野球に携わる仕事がしたいと、スポーツビジネス、マネジメントに興味を持った。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Full-countの記事をもっと見る 2019年5月3日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。