田中将大、今季ワーストタイ6失点も、チームは9回サヨナラ勝ち

田中将大、今季ワーストタイ6失点も、チームは9回サヨナラ勝ち
ヤンキース・田中将大【写真:田口有史】
今季最多タイ110球で6回粘投に、女房役マキャンの2発に救われる

 29日(日本時間30日)に本拠地でのレンジャーズ戦に先発したヤンキース田中将大投手が強力打線につかまったが、チームは9回に一挙6点を挙げて、9-7でサヨナラ勝ちした。田中は6回を8安打7奪三振1四球6失点(自責6)で、防御率は3.35。今季最多タイとなる110球を投げて見せた気持ちが、最後に報われた。

 ア・リーグ西地区首位を独走するレンジャーズ打線は勢いがあった。初回こそ無失点に抑えたが、2回は先頭フィルダーにセンターへ二塁打されてしまう。1死を奪った後にアンドラスに初球を左前に運ばれ、1点を先制された。

 2回裏に味方打線が同点に追いついたが、3回に捕まった。

 先頭チリーノスから2連打と四球で、いきなり無死満塁のピンチを迎える。3番を任される大型新人マザラにフルカウントから7球目甘く入ったスライダーを右中間に弾き返され、走者一掃の二塁打とされた。その後も1死三塁からフィルダーが一塁手のグラブを弾く適時打を放ち、この回は合計4点を失った。

 球数はかさみながらも、4回を無失点、5回は3者凡退に締めくくり、4点ビハインドのまま点差を保った。

 すでに96球に達していたため、降板かと思われたが、田中は6回のマウンドに戻る。無失点で中継ぎにリレーをつなぎたかったが、先頭オドルに2球目スライダーを強振され、左翼席最前列に飛び込むソロ弾に。その後も続投すると後続3人を打ち取って、苦しみながらも粘投し、6回を投げきることに成功した。


あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2016年6月30日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「田中将大 + プレーオフ」のおすすめ記事

「田中将大 + プレーオフ」のおすすめ記事をもっと見る

「田中将大 + NY」のおすすめ記事

「田中将大 + NY」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「岩隈久志」のニュース

次に読みたい関連記事「岩隈久志」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。