11連勝中の広島に先制パンチ ヤクルト雄平が2打席連続タイムリーで3打点

首位広島の連勝止められるか

 ヤクルト・雄平外野手が30日の広島戦(マツダスタジアム)で2打席連続タイムリーの大暴れだ。

「6番・右翼」でスタメン出場。2回1死二塁で左腕・中村の甘く入ったスライダーを引っ張って先制の右前適時打。から1点リードの4回無死満塁では中村のフォークに食らいついて、左前へポトリと落とし、2点タイムリーとなった。

 3試合ぶりの3打点をマーク。32年ぶりの11連勝中のカープへ強烈な先制パンチとなった。

あわせて読みたい

Full-countの記事をもっと見る 2016年6月30日の野球記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

野球ニュースアクセスランキング

野球ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

プロ野球、MLB、日本代表、甲子園や人気の野球選手など野球にまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。